2018年01月17日

あけましておめでとうございます。

大変にお寒い日々が続いていますね。

わが家の水道は、ときどき凍ります。
水のほうは凍りませんが
お湯のほうが凍ります。

新しい家なので
水を下ろす機能というのがありません。
貯湯式の電気温水器なのですが
どうやらお湯を供給するパイプが
ときどき凍るようです。

しかたがないから
昨年、電気温水器の下半分を
断熱材を使って覆いました。

これで、外気の冷気を遮断して
凍らないようにする作戦です。

昨年は、これでバッチリだったのに
今年は、凍っちまったよ。

なんでだ?

これ以上何ができる?

電気温水器のまわりをうろうろ
でくの坊のようにうろつきまわる私。
寒い。

寒い。

寒い?

なんか、電気温水器のまわりは
特に寒い。強烈に寒い。

なんで?と思いきや

お隣の家のエアコンの室外機が
私の家の電気温水器に向かって
冷風を浴びせていたのでした。

これか!?
この辺では、冬は寒いので
エアコンごときでは暖房をまかなえないのね。
ストーブで暖房するに決まっていると
思い込んでいたんですよ。

盲点でした。

おそらく、これまでも
お隣のエアコンが暖房に稼働していた時があったのでしょう。
うちの温水器は、そのときに凍っていたに違いない。

だって、気温と凍結の規則性が
あんまり無いんだもん。

すごく寒くても凍らない日もあった。
きっと、エアコンが稼働していなかったんでしょ。

確かに寒い日によく凍った。
寒いから補助暖房としてエアコンを使ったんだろう。

そうすると、わが家の温水器は
冷風を長時間浴び続けて
凍らないところが凍ってしまうと言うことか。

ホームセンターで支柱とビニールシートを買ってきて
簡易風よけをつくりました。

これで、凍らなくとなる良いな。


posted by シジマ at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。